歴史

飯田克弥師は、高校時代は青春ドラマに影響をうけラグビーに熱中、大学時代はレスリングで金メダルを目指すも、すぐにあきらめ、大学時代のゴールは「おもろかったらいいやんけ」になり自分の本能のままに放蕩の生活をしていました。

しかし真剣に人生を考え多くの疑問に遭遇しました。「なぜ働くのか?」「人生の意味は何?」「何のために生きるのか?」「人はどこから来て、どこに行くの?」など多くの疑問を持ち、色々な事を試すがより迷いと空しさが一杯になる。そいう時にカナダ留学のチャンスが与えられ、イエス様に出会い人生が180度変えられる。

どうしたら一番イエス様の役に立つかを探し求める中で、強い教会を建てることこそが主の御心であると確信し、1999年9月19日にJ-House初めての日曜礼拝がもたれる。その当時の中心メンバーは、克弥師、妻の美貴師、克弥師の母の美智子氏の三人でした。礼拝は始まったが、誰もこない、三人で喧嘩して、三つに分裂しかける?そのようなピンチのなかで、叫びながら、御言葉を宣言しました。「マタイ 16:18 ではわたしもあなたに言います。あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。」イエス様の教会なら、イエス様が立ててくださり、イエス様が責任を持ってくださる。

PIC00026 PIC00029-2

ハレルヤ、主は生きています。2000年4月に大阪の中心地の東梅田に5階建ての素晴らしいビルが与えられました。

PIC00063- J-house

色々な試行錯誤のなか神様がJ-Houseに働き人と、救われたるべき魂を送ってくださり、一方的な主のめぐみで16年以上も続いています。現在は、素晴らしいスタッフ、スモールグループリーダーが与えられ、活発に日々活動しています。集会の最後は、All for Jesusという掛け声で終わります。この間に245名が洗礼を受け、また洗礼を受けるだけでなく、キリストの強い弟子となることを目指しています。J-Houseは使徒29章の教会として前進します。

 IMG_0644

J-Houseの使命はキリストの恵みと愛に駆り立てられて、「大宣教命令」と「大いなる戒め」を中心として、イエス様のお手伝いをさせていただく事がJ-Houseの使命です。(伝道、弟子化、交わり、礼拝、奉仕)

J-Houseのロゴは、イザヤ51:15 「わたしは、あなたの神、主であって、海をかき立て、波をとどろかせる。」を土台として作られています。私たちでは海に波を作る事はできませんが、主が創る大きな波に乗れるようにという思いを込めてデザインしました。是非、一度J-Houseに来てみてください!

jhlogo